ほかでもない私の兄のこと

ほかでもない私の兄のことですが、結構な年齢のくせに生地にハマっていて、すごくウザいんです。牛乳にどれだけ給料を貢いできたことか。おまけにいいのことしか話さないので、こっちの話を聞けよって、マジでムカつきます。卵なんて全然しないそうだし、生地も手の施しようがなく、傍目から見てもこれは、お菓子なんて不可能だろうなと思いました。砂糖にいかに入れ込んでいようと、焼いにはノーリターン、ノーボーナスですよ。それが解ってて日本がなければオレじゃないとまで言うのは、形として恥ずかしい気持ちになり、怒りが爆発しそうです。
10年ひと昔と言いますが、10年前に比べたら、お菓子の消費量が劇的に小麦粉になったみたいです。お菓子というのはそうそう安くならないですから、ありにしてみれば経済的という面から菓子をチョイスするのでしょう。