ハーバリウムの瓶の種類って?

新感覚のフラワーインテリアとして、
注目を集めているハーバリウム。
ハーバリウムは、特殊な液に浸け、保存した植物標本のことで、
インテリアとしてとても最適で、プレゼントとして
大人気になっていますね。
ハーバリウムを構成するのは、
花材とオイル、そして瓶です。
出来上がったハーバリウムを買いたいという方も、
あるいは手作りをしたいという方も、
特に注目すべきなのは瓶ですね。
瓶の形状によってハーバリウムの印象も
大きく違ってきます。また、手作りする場合は、
瓶の形で作りやすさも変わってきます。
瓶の形ってどんなものがあるの?
ハーバリウムにはさまざまな瓶がありますが、
具体的には、いったいどのような瓶の型があるのでしょうか。
ざっとまとめてみますと、以下の通り。
円柱型
円錐型
丸型
電球型
涙型
四角柱型
円柱型、円錐型、四角柱型が
瓶の形としてはポピュラーですね。
涙型も女性に人気のフォルムです。
大きな花を楽しみたい場合は丸型がいいですね。
インテリアとして個性的な瓶が欲しい方は
電球型がおすすめです^^
ハーバリウムを手作りしたい方が瓶を選ぶ場合は、
円柱や四角柱だと、花材を入れやすいので、
初心者には最適ですよ。
ある程度、ハーバリウムづくりに慣れてきた方は
涙型や電球型の瓶を選んでみるといいですよ^^